真言宗・豊山派 寿徳寺
トップページ言葉の智慧寿徳寺文庫近藤勇と新選組隊士供養塔 紹介寿徳寺 概要・年中行事
ホーム >> お知らせ: 永倉新八 百回忌法要 文字サイズ:
永倉新八 百回忌法要のお知らせ
2013年9月4日

この度、永倉新八(天保10年~大正4年)新選組2番隊長の生家 長倉家 御子孫でいらっしゃる長倉達郎氏が施主・主催となり、寿徳寺が導師を務め、永倉新八 百回忌法要を執り行う運びとなりました。

幕末騒乱の折、殆どの新選組隊士は10代後半から30代半ばで人生を終えていますが、永倉新八 2番隊長は77歳迄生きながらえて子孫を残した数少ない隊士の1人です。明治9年、松本良順氏(軍医、御典医。父親は順天堂大学の基を作った人物)の協力で板橋・近藤勇処刑場跡地に近藤・土方の墓碑建立をし、隊士百余名の名を刻み、自身の遺骨もこの地に分骨されました。

皆様方におかれましては是非お誘いあわせの上、平服にてご参列ご焼香にお立ち寄りください。
塔婆供養申し込みご希望の方は11月5日迄に長倉達郎氏へ直接ご連絡ください。
(携帯:090-7998-3222 / FAX:086-263-5037)


■ 永倉新八 百回忌法要 【開催概要】
日時 平成25年11月17日(日)午前11時~
会場 JR埼京線・板橋駅東口前 近藤勇と新選組隊士墓所 (寿徳寺境外墓地)
 
※ 雨天決行
※ JR板橋駅東口より徒歩1分
※ 参加お申し込みの必要はございません
    直接会場にお越しいただければ、どなたでも参加できます
※ 当日は平服にてお越しください



(永倉新八。旧姓は長倉。名は範之、幼名は栄吉、栄治。明治維新以降永倉から長倉へ戻す。)
真言宗 豊山派