真言宗・豊山派 寿徳寺
谷津大観音開眼法要・慧誉和尚三回忌法要詳細ご報告
トップページ言葉の智慧寿徳寺文庫近藤勇と新選組隊士供養塔 紹介寿徳寺 概要・年中行事
ホーム >> 谷津大観音 開眼法要・慧誉和尚三回忌法要 詳細ご報告 文字サイズ:

谷津大観音 開眼法要・慧誉和尚三回忌法要 詳細ご報告

平成20年12月6日、慧誉和尚三回忌と谷津大観音開眼の法要を
皆様のご協力により無事に終えることが出来ました旨
ここにご報告申し上げます。

13時からの開眼法要は、素晴らしい天気に恵まれ、とても暖かい空の下
谷津大観音像へ向かう稚児行列、像前での大導師による稚児加持から
はじまりました。

職衆、法類、関係寺院、壇信徒、町内会、関係者の計およそ700人以上の
見守る中で大導師に真言宗豊山派第30世管長鳥居愼譽猊下をお招きし
大変華やかに催されました。

およそ30分に及ぶ読経後に、観音Tシャツ・観音クッキー・QUOカード
(慧誉和尚二女・華子デザイン)・慧誉和尚の著書をそれぞれセットにし
記念品として参列者の皆様にお配りしました。

Tシャツは平山祐介氏と人気ブランド“CICATA”のご協力、クッキー作成は
“料理の超人”としてTVや雑誌等で活躍中のマリオフリットリ氏と
専属パティシエの大和田裕之氏が引き受けてくださいました。

15時からの慧誉和尚三回忌法要は、寿徳寺本堂において同じく
法類、職衆、家族、友人、そして大導師には再び管長鳥居愼譽猊下に
お越しいただき皆様の丁重なるご焼香のもとしめやかに執り行われました。

谷津大観音建立は、慧誉和尚の長年の夢でありました。
三回忌法要において、開眼法要が立派な式であったことを
鳥居愼譽猊下が慧誉和尚遺影に報告してくださいました。

この度は慶弔一体のとても珍しい行事となりましたが、各位のご参列により
心のこもった法要ができましたこと厚く御礼申し上げます。

寿徳寺 第25世住職
新井 京誉

※以下に、当日の映像と写真を掲載いたしますが、
映像は定点カメラにて撮影し、簡易編集したものになりますのでご了承下さい。
写真はサムネイルをクリックすると拡大表示されます。


映像



準備風景



稚児行列




開眼法要




三回忌法要



記念品の品々



真言宗 豊山派